クロスが剥がれ落ちる原因

ストレスなく暮らしていくためには、住宅の機能面も大切ですが、やはり部屋の見た目も特に重要です。

お部屋の装飾としても機能するクロスですが、壁の隅などから段々と剥がれてくることが稀にあります。

クロスというものは特殊なノリによって固定されているので、張った直後には簡単には剥がれ落ちませんが、年数経過によって粘着力が弱まり多少剥がれたりもします。

こういった場合にはクロス職人などに依頼してクロスの修繕を行うことで解決しますが、中には年数経過以外の原因でクロスが剥がれ落ちることがあるのです。

特に外部からの雨漏れや壁の内側のカビの繁殖によって、ノリの接着力が弱まってしまうこともあり、そういったケースでは先に雨漏りや内壁部の湿気除去の処置が必要になってきます。

原因さえ取り除くことが出来れば、再びクロスを張り替えさえすれば新品同様に剥がれ落ちることはなくなるので、深いところの原因をまずは特定することが肝心です。

PR|失敗しない壁紙交換を相談|