すのこを使って和室を洋室に

私の初めて住んだアパートの床は畳で、完全に和室でした。
家賃が安かったのでそこを選んだのですが、和室が陰気な感じがしてあまり好きではなく、
何とかして洋室のように模様替えをしたく、試行錯誤しました。

その結果、まずは畳を隠せるようにすのこを敷いてみることにしました。
すのこはホームセンターで安く購入したもので、それを床全面に敷き詰め、その上にベッドや収納等の家具を置きました。
それによって見た目はカフェテラスのような明るい雰囲気になりました。
また、窓についていた障子は取り外してカラフルなカーテンを付けたり、
デザインが古風で昭和らしさ全開だった照明のランプシェイドをポップなものに付け替えたりして、
ようやく自分の理想の洋室らしい部屋になりました。
ちなみに、すのこを敷く前はカーペットを考えていたのですが、それでは梅雨等の湿気の多い時期にカビが生えたり
ダニが発生したりしないか心配でした。しかし、すのこなので通気性も良く、快適に過ごすことが出来ています。